投票結果
焼鳥は「塩」で頼むが無難。だけど、個性派は断然「タレ」派!
関連タグ:
  • 焼鳥
更新日:2015年12月21日

注文する時に意見が割れるこだわりを調査!今回は「焼鳥は、タレ派?塩派?」をアンケートしました。



■【調査】焼鳥は、タレ派?塩派?

集計結果

「タレ」と答えた方は44%、「塩」と答えた方は56%という結果になりました。




■「タレ」派の意見

タレ

・タレの甘辛さが味の深みを出す。
・タレに秘伝が隠されている気がする
・お店ごとに味が異なる!
・店独自の味が楽しめる。
・レバーが一番好きで、レバーはタレ派!そしてOTRもできるから!


■「塩」派の意見

塩

・お肉は塩が好きです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆素材の味が良く分かります
・素材本来の味を楽しめるから。
・さっぱりでベトベトしないから
・タレの美味しいお店は、本当に美味しい。でもほとんどない。塩だったら素材が良ければある程度は誤魔化せるし…言い換えればハズレが少ないから。
・塩が好きです!ささみ・ぼんじり・正肉…お肉甘みがたまりません!


■【調査結果】焼鳥は「塩」派が多数派。しかし、こわだりのあるお店の「タレ」は絶品!

「塩」派の方が若干、票が多い結果となりました。鶏が美味しいお店では素材の味を楽しむためにも「塩」で、お店の個性を楽しみたい方は「タレ」を注文する傾向が見られます。また鶏の部位によって、タレと塩を頼み分けている意見もありました!favoreat公式Twitterでも調査したところ、タレ派39%、塩派61%という結果に。こちらも「塩」派が多数派でした。


favoreat的!焼鳥のタレ・塩を注文術は、お店のメニューを見て「秘伝のタレ」などのテキストやタレ壺の写真が掲載されている場合は「タレ」で注文。鶏肉の産地や銘柄が掲載されている場合は「塩」で注文。それ以外はとりあえず「塩」で注文。この3つの条件を心得ておくと、美味しい焼鳥に出会えると思います!